2019年5月21日火曜日

施設内研修開催(接遇研修)

5月21日(火)に、はなみずきと合同で施設内研修を開催しました。
講師は、むらかみの郷の松原施設長、テーマは『接遇』です。
会場は、むらかみの郷2F地域交流スペース。ここは広いスペースなので多人数の研修には最適ですね。

当日はあいにくの雨だったのですが、公休で出勤していなかった職員も多く集まり大盛況!
合計35名前後の職員が集まりました。



















松原施設長には、毎年12~1月に接遇研修をお願いしていたのですが、今回は、むらかみの郷が開所となって4ヶ月半が経過し、改めて基本に立ち返る機会を設ける目的から、急遽お願いをしました。

接遇の基本から始まり、業務にも即応用出来るテクニックまで1時間、しっかりお話を頂きました。
残念ながら写真を取り損ねてしまったのですが、「笑顔の練習」の時間なんかもあって、終始和やかな雰囲気で研修を終える事が出来ました。



















私個人の感想を。
接遇の色々なテクニックも勿論ですが、施設長が繰り返し仰っていた『「入居者・家族のお役に立とうとし、そしてそれを喜びと感じる事が出来る心」を持つ事、そして、その心の持ちようは、そのまま自分の接遇に現れると言っても過言では無い』という言葉が印象的でした。自身を振り返っていきたいと思います。

むらかみの郷、はなみずき職員全員が、心のこもった接遇を心掛け、より良い施設作りに邁進していきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。

事務所 T・S

2019年5月20日月曜日

令和元年5月20日(月)の昼食

本日の昼食です。

ごはん・鶏肉の甘酢ソースかけ・たらこポテト・春菊のおろし和え・フルーツ缶(パイン)・味噌汁


鶏肉の甘酢ソースかけは、お野菜もたっぷり!
さっぱりと頂きました。
副菜のたらこポテトはビールが欲しくなる美味しさでした(^◇^;)

気候も暖かくなり、食中毒が蔓延しやすい季節になりました。
施設においては、厨房、現場職員と細心の注意を払って管理をしております。
ご入居者様ご家族の持ちこみ食品については、必ず施設職員にご相談を頂ければ幸いです。

他入居者様も含めた安全確保の為、食品の手土産は少量で、生物(なまもの)については1回で食べきれる分量でお願いをしております。

今日も、美味しゅうございました (´・ω・`)人

令和元年5月19日(日)の昼食

本日の昼食です。

ごはん・鰆の南部焼き・筑前煮・アスパラのマヨ和え・漬物・味噌汁


春の魚と書いて「鰆(さわら)」と読むように、鰆は春の季語としても使われる旬の食材。
季節に関わらず色々なものが食べられる時代ですが、
それでも旬の物を食べると、季節を感じられてより味わいが出てくる気がします。

ちなみに南部焼は、ごまを全体にまぶしつけて焼いたもので、
名前はごまの名産地である南部地方(現在の青森県と岩手県にまたがる地方)に由来するそうです。

たまには、こんな豆知識を話しながら食べるのも楽しいかもしれませんね。

今日も、美味しゅうございました (´・ω・`)人

令和元年5月18日(土)の昼食

本日の昼食です。

ごはん・回鍋肉・ツナと大根の煮物・菜の花のザーサイ和え・フルーツ(オレンジ)・中華スープ


本日は中華料理がメイン。
最近は暑い日が続いているので、体が涼しくなる辛い物はありがたいですね。
回鍋肉を食べて少しピリッとした後は、菜の花のザーサイ和えでさっぱりと。
味覚のバランスも考えて頂いています。

今日も、美味しゅうございました (´・ω・`)人

2019年5月16日木曜日

令和元年5月16日(木)の昼食

本日の昼食です。

ミートソーススパゲッティ・グリーンサラダ・ヤクルト・オニオンスープ


麺類は提供直前に盛るので、麺が汁を吸ったりして食感を損なうことはありません。挽肉たっぷりのミートソース堪能しました。サラダも丁寧に盛りつけて頂いています。

厨房の職員さんに感謝ですね❤

今日も、美味しゅうございました (´・ω・`)人

2019年5月15日水曜日

令和元年5月15日(水)の昼食

本日の昼食です。

ごはん・白身魚のフライ・ポークビーンズ・ごぼうサラダ・漬物・コンソメスープ


白身魚のフライはサバでした。肉厚でサクッとあがってます。ごぼうサラダは、ごぼうのシャキシャキ感があって、食感も楽しめました。

今日も、美味しゅうございました (´・ω・`)人

2019年5月14日火曜日

「ソフト食」の検討

施設長、相談員、フロア長2名、給食業務委託業者2名が出席し、月に1回の「給食会議」が開催されました。
献立の味付けから食感、見た目等々、本日も色々な打ち合わせを行いました。

現在、むらかみの郷では「ソフト食」の検討を行っています。
ソフト食とは、歯ぐきや舌でつぶせるくらいに、柔らかくした介護食のことです。
ソフト食と一口に言っても、柔らかさの程度は様々で、おおよそではありますが3つの目安があります。

1.容易にかめる
2.歯ぐきでつぶせる
3.舌でつぶせる

ソフト食は柔らかく食材がまとまっているので、歯が無くて噛めない方や、飲み込む力が弱っている方に向いています。
また、ミキサー食と違って形があり見た目も工夫しやすいので、目でも食事が楽しめます。
味も、普通食と同じように色々な味があります。








こちらは、カレイのクリーム煮(主菜)・ブロッコリーのトマトソースかけ(副菜)・じゃがいものコンソメ風(副菜)です。






お次は、豚肉の生姜焼き風(主菜)、さつまいもの蜜がけ(副菜)・ひじき煮(副菜)です。






メーカーさんからサンプルを頂いていましたので、試食会を兼ねて検討です。
私はカレイのクリーム煮を食べてみたのですが、本当にびっくり!
味、風味をしっかり感じる事が出来ました。







むらかみの郷では、ミキサー食で食事をとられている方に、このソフト食ご提案をしていきたいと考えています。やっぱり、食事は大きな楽しみのひとつですからね(^-^)

今後とも、よろしくお願いします。